脳振盪

文献など

コーチからの脳振盪教育活動:アスレティックトレーナーの存在

こんにちわ、爪川です 今回の記事ではアメリカで行われた研究で、「コーチ(監督)から選手への脳振盪に関する教育活動はどの程度行われているか、そしてアスレティックトレーナーがチームに在籍していた場合にその程度の変化はあるのか」を調...
文献など

外傷性脳症症候群(Traumatic Encephalopathy Syndrome):プロ格闘家を対象とした研究結果

こんにちわ、爪川です 今回の記事では外傷性脳症症候群(Traumatic Encephalopathy Syndrome)という新しい診断基準をプロ格闘家を対象にして実施した研究を見ていこうと思います 外傷性脳...
その他

ImPACTテストって何?

2023年、開けましておめでとうございます🎍 本年もよろしくお願いいたします! 2023年最初の記事では、昨年最も多くの方に読んでいただいた記事↓ こちらの記事に掲載して...
リハビリ

脳振盪後の有酸素運動:年齢によるターゲット心拍数の設定

こんにちわ、爪川です😃 今回は脳振盪後に有酸素運動をリハビリとして行い、その運動の強度設定を年齢による予想最大心拍数(Age-predicted Maximum Heart Rate)を用いて行った研究を見ていきたいと思います...
文献など

脳振盪とサッカード眼球運動について

こんにちわ、爪川です 今回の記事では脳振盪と眼球運動に関してまとめらている文献から、眼球運動の種類の1つであるサッカードとの関係について少し見ていこうと思います 参照資料1 脳振盪とサッカード眼球運動について ...
文献など

眼球運動:正常・異常動作の例 まとめ

こんにちわ、爪川です 脳振盪後には眼球運動や機能に一時的な障害が起きることが多いです それらの障害は例えばめまいや頭痛、眩しく感じるといった症状に繋がる恐れもあります ですので今回の記事では脳振盪後のよくチ...
リハビリ

脳振盪から競技復帰後のNeuromuscular Trainingを考える

こんにちわ、爪川です 前回の記事では脳振盪から競技に復帰した後では下肢を中心として怪我をする確率が高まる可能性について書きました(前回の記事はこちら↓) そしてその確率が高まる理由の1つとしてNeurom...
文献など

脳振盪から復帰後の怪我のリスクの上昇とその要因の考察

こんにちわ、爪川です 脳振盪を一度受傷すると2回目の脳振盪になりやすくなりますが、脳振盪の影響はそれだけでなく下半身を中心にした怪我のリスクも高めると言われています 今回のブログでは「脳振盪からスポーツ復帰後の怪我の...
文献など

脳振盪の病態生理学

こんにちわ、爪川です 今回は"Concussion in the UK:a contemporary narrative review"という論文で紹介されている、脳振盪の病態生理学について見ていこうと思います ”病...
文献など

代表レベルのラグビー選手の神経変性疾患のリスク:スコットランドの調査

はじめに こんにちわ、爪川です 今回の記事ではラグビー選手の神経変性疾患のリスクを探った研究を見ていきたいと思います スポーツ選手において、現役時代の「脳振盪」や「繰り返しの頭部への衝撃(Repetit...
タイトルとURLをコピーしました