アスリート

その他

脳振盪の評価:カンザス大学の外来プログラムを参考に

はじめに こんにちわ、爪川です 今回の記事では『脳振盪の評価方法』について、アメリカのカンザス大学で実施されている外来患者用の脳振盪評価プログラムを見ていきたいと思います 脳振盪はさまざまな症状が...
文献など

脳振盪と下半身の怪我:NFL選手対象の研究

はじめに こんにちわ、爪川です 怪我というのは一度発生すると同じ怪我を繰り返しやすくなります これは脳振盪もそうで、一度脳振盪を受傷するとまた脳振盪になりやすくなります ただし最近の...
基礎知識

脳振盪のチェックによく使われるテスト

はじめに こんにちわ、爪川です スポーツで脳振盪が起きた場合、脳振盪のチェックに使われるテストはいくつか種類があります 脳振盪のチェックは1つのテスト結果だけで終わることはなく総合的に行われますが...
ニュース

慢性外傷性脳症(CTE)と反復的な頭部への衝撃(RHI)の因果関係

はじめに はじめに こんにちわ、爪川です😀 今回の記事では慢性外傷性脳症(CTE:Chronic Traumatic Encephalopathy)と反復的な頭部への衝撃(RHI:Repetiti...
リハビリ

段階的競技復帰の例:スイス脳振盪センターから

はじめに こんにちわ、爪川です 今回は「International Journal of Sports Physical Therapy」に掲載されていた、スイス脳振盪センターの理学療法士であるDr. Bizz...
リハビリ

脳振盪と脳血流のコントロール

はじめに こんにちわ、爪川です 今回の記事では、 ①脳振盪によって脳血流のコントロール機能が低下したことを示唆する研究 ②研究結果から脳振盪リハビリをどう考えるか ...
その他

コンタクト練習への段階的復帰を考える

はじめに こんにちわ、爪川です 今回の記事では脳振盪から競技復帰を目指す際のコンタクト練習への段階的復帰について少し考えてみようと思います 通常、脳振盪からの競技復帰では「ノンコンタク...
リハビリ

アセスメントとしての有酸素運動とダイナミック運動

はじめに こんにちわ、爪川です 今回は記事は「脳振盪受傷後1ヶ月以内の未成年アスリートに対して、有酸素運動とダイナミック運動をアセスメントとして実施」した論文を見ていきたいと思います アセスメント...
ニュース

オーストラリアのニュースより:脳振盪の最短復帰日数は今より長くすべき!?

はじめに こんにちわ、爪川です 今回はオーストラリアのニュースサイトに脳振盪に関して記事があったのでそれを見ていきたいと思います(参照資料1) その記事では「オーストラリアンフットボール(Aust...
文献など

大学生アスリート、脳振盪からいつ学業に復帰すべきか?

はじめに こんにちわ、爪川です スポーツでの怪我の多くはその怪我によって一定期間スポーツが出来なくなるということはありますが、手術を要する大怪我などでなければその怪我自体で学校生活や授業に支障をきたすことは多くありませ...
タイトルとURLをコピーしました