その他

その他

脳振盪の評価:カンザス大学の外来プログラムを参考に

はじめに こんにちわ、爪川です 今回の記事では『脳振盪の評価方法』について、アメリカのカンザス大学で実施されている外来患者用の脳振盪評価プログラムを見ていきたいと思います 脳振盪はさまざまな症状が...
その他

脳振盪と訴訟:アメリカのArrington和解

はじめに こんにちわ、爪川です アメリカは訴訟が多い故に『訴訟大国』と言われる時もありますが、スポーツに関した訴訟も勿論起きています その中の1つがAdrian Arrington氏が起こした脳振...
その他

コンタクト練習への段階的復帰を考える

はじめに こんにちわ、爪川です 今回の記事では脳振盪から競技復帰を目指す際のコンタクト練習への段階的復帰について少し考えてみようと思います 通常、脳振盪からの競技復帰では「ノンコンタク...
その他

もし自分が脳振盪になったと疑ったら?

はじめに こんにちわ、爪川です 今回の記事では「スポーツや運動中にもし自分が脳振盪になったと疑った場合にどうすべきか」についてアメリカのアスレティックトレーナーズ協会のインフォグラフィックを参考にま...
その他

ラグビー:タックル姿勢と頭部外傷のリスク、NRLの研究から

はじめに スポーツには意図的な身体と身体の接触を伴う種類、伴わない種類があります 接触を伴わないスポーツは例えばバレーボールやテニス、卓球、陸上競技があります 逆に意図的な接触伴うものではラグビーやアメリカンフットボール...
その他

スポーツ中の脳震盪とAFE:Age of First Exposure

※この記事は以前noteに掲載したものです Chronic Traumatic Encephalopathy (CTE) Repeated Head Impacts (RHI) Age of First Exposure...
その他

目やバランス感覚のチェックとスポーツ復帰までの期間の関係

脳振盪を受傷すると様々な症状が出ますが、目やバランス機能にも影響を及ぼします。それらの症状がある場合、スポーツ復帰に長く時間がかかる可能性もあります。
その他

子供のスポーツ中の脳震盪:脳震盪による目やバランス機能低下発生のリスク要素

脳振盪は子供にも起こり得ます。脳振盪の症状では目やバランス機能の低下が起こる時もありますが、その様な症状が出ると脳振盪からの回復に時間がかかると言われています。この記事では、どのようなリスク要素が目やバランス機能の低下を子供の場合の脳振盪に引き起こしやすいかを紹介しています
タイトルとURLをコピーしました