その他

その他

脳振盪のチェックによく使われるテスト追記:起立性バイタルサイン

こんにちわ、爪川です 今回の記事は以下の記事の追加の内容となります この記事の最後にも少し書いてありますが、起立性低血圧/体位性頻脈症候群を含んだ「起立性バイタルサイン」についてその内容を書いていこうと思...
その他

脳振盪に関する声明 by 全米アスレティックトレーズ協会 2024

はじめに こんにちわ、爪川です 今日の記事ではNational Athletic Trainers' Association(NATA: 全米アスレティックトレーナーズ協会)より発表された脳振盪に関する声明について見てい...
その他

第6回国際スポーツ脳振盪会議の共同声明⑤:競技復帰プロトコルの改訂

こんにちわ、爪川です 今回の記事でも引き続き第6回国際スポーツ脳振盪会議での変更点について見ていきます 今日は改訂された「競技復帰プロトコル」についてです 競技復帰プロコトルの改訂 競技復帰プロ...
その他

第6回国際スポーツ脳振盪会議の共同声明④:SCOAT6の導入

こんにちわ、爪川です 今回の記事でも引き続き第6回国際スポーツ脳振盪会議での変更点について見ていきます 今日は新しく導入された「SCOAT6」についてです SCOAT6の導入 SCOAT6とは?...
その他

第6回国際スポーツ脳振盪会議の共同声明③:Child SCAT5からChild SCAT6へ

こんにちわ、爪川です 今回の記事では先日の国際スポーツ脳振盪会議の共同声明で発表されたChiild SCAT6について見ていこうと思います(参照資料1) Child SCAT5からChild SCAT6へ 参照資...
その他

第6回国際スポーツ脳振盪会議の共同声明②:SCAT5からSCAT6へ

こんにちわ、爪川です 今回はブログは前回に引き続き、第6回国際スポーツ脳振盪会議において変更があった点を見ていきます 今回の記事では「SCAT5からSCAT6への変更」について見ていこうと思います SCAT5...
その他

第6回国際スポーツ脳振盪会議の共同声明

こんにちわ、爪川です 先週の6月15日(木)、第6回国際スポーツ脳振盪会議の共同声明が発表されました 参照資料1 この会議は2001年から約4年に一度行われており、その都度共同声明という形で脳振盪に関する最新の...
その他

脳脊髄液減少症について:スポーツ庁からの通達

こんにちわ、爪川です 今回の記事では「脳脊髄液減少症(のうせきずいえきげんしょうしょう)」についてスポーツ庁からの通達を基に見ていこうと思います 脳脊髄液減少症について:スポーツ庁からの通達 先日、スポーツ庁か...
その他

Concussionとmild Traumatic Brain Injuryの違い:後編

こんにちわ、爪川です 今回は前回の記事の後編となります(前回の記事はこちら↓) Concussionとmild Traumatic Brain Injuryの違い:後編 参照資料より 前編はm...
その他

Concussionとmild Traumatic Brain Injuryの違い:前編

こんにちわ、爪川です 今回の記事では「Concussion(脳振盪)」と「mild Traumatic Brain Injury(軽症頭部外傷)」の診断基準について、つい先日発表された論文を参考に見ていこうと思います ...
タイトルとURLをコピーしました